バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 旅の手配
CATEGORY ≫ 旅の手配
      

飛行機の手配


0421APR_0157.jpg


2015年のお正月、H.I.S.で航空券の年始セールをやっていたので、それを利用しました。

格安航空券を選ぶときのポイントは「価格」「乗り継ぎの有無」「移動の総時間」でしょう。

バルセロナの場合はそもそも日本からの直行便がないため、必ず乗り継ぎが必要になります。乗り継ぎ空港=エアラインの本拠地、が基本ですのでどの国の航空会社を選ぶかが重要です。バルセロナで言えば、ヨーロッパの航空会社でヨーロッパの都市を経由するか、アジア・中東系の航空会社でアジア・中東の都市を経由することになりますが、問題は「前者は高いが移動時間が短くて、後者は安いが移動時間が長い」ということです。

ヨーロッパの都市までは、基本的に北回り航路ですので乗り継ぎ空港までの飛行時間も短め、乗継時間も短めなのですが、中東は赤道付近を飛行しますので乗り継ぎ空港までも長く、さらにそこで6時間待ちということもざらです。前者が現地到着まで合計15時間ていどなのに対し、後者はよくて18時間、下手すれば24時間なんてこともあるのです。

という事情を踏まえ、最も安かった中東系ではなく、行きはスイス航空、帰りはルフトハンザ航空という最安よりは1.5万ほど高いチケットを取りました。往復で違う航空会社ですが、実はこの路線は全日空、ルフトハンザ、スイス、オーストリアの共同運行っぽい路線なのでセットで売ることもあるようです。

ちなみにご存知とは思いますが、フライトに関する時刻表記は全て現地時間です。LX161便ならば、日本時間10:25発でスイス時間15:50着。では何時間のフライトなのか?と言えば、スイスは日本からマイナス7時間ですので、日本時間で揃えて考えるならスイス時間に+7をして10:25発22:50着=12時間25分ということです。


2015/04/13
10:25発 15:50着 LX161「成田→チューリヒ」Airbus343 乗継時間1時間30分
17:20発 19:10着 LX1956「チューリヒ→バルセロナ」Airbus321

2015/04/20
10:30発 12:40着 LH1125「バルセロナ→フランクフルト」Airbus321 乗継時間1時間
13:40発 07:45着 LH710「フランクフルト→成田」Boeing744


【往復航空券代】
航空券料金:50,000円
国内空港使用料:2,610円
その他諸税等:57,030円 ←燃油サーチャージ料
取扱料金:1,080円
------------------------------------
1人分合計:110,720円





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宿の手配


0421APR_0151.jpg


予約のタイミングについて「飛行機が先か、宿が先か……」などと悩む方もいると思いますが、宿に本予約を入れる際に到着便と帰国便を訊かれることがあるので、基本的に飛行機が先と思います。


1)旅の行き先と日程を決める
   ↓
2)航空会社と宿の選定をする
   ↓
3)航空会社に希望日の残席を確認する
   ↓
4)宿に空室を問い合わせる
   ↓
5)宿の空室照会に返事がきたらすぐに航空券を申し込む
   ↓
6)航空券が確定したら宿を申し込む


絶対ではありませんが、私はこんな流れでした。もっとも4月中旬は繁忙期ではないので、夏などはもっとシビアと思いますのでお気をつけくださいね。


さてバルセロナの宿、私の着目ポイントは以下の3点です。

「2人で1日1万円以下」
  →7泊ですので安いに越したことはありません
「カタルーニャ広場に近い」
  →空港バスが着くこの広場からスーツケースを持って歩ける距離が良い
「日本語が通じる」
  →初めて&話せない言語の土地でアドバイザーがいないのは辛い


いろいろと調べた結果、私がお世話になったのは「Casa de Barca(カサ・デ・バルサ)」さん、オーナーがバルセロナに住んで長い日本人なので、観光のアドバイスや手助けからトラブル対処までお願いできる頼もしいペンションです。カタルーニャ広場からも徒歩10分くらい、他のメトロ駅も3ブロックくらいですし旧市街も近いです。コンビニ風商店やスーパー、飲食店にカフェも近くとても便利で助かりましたよ。



【宿泊費】
4/13〜4/16:€71.5(税込)ツインB
4/17〜4/19:€77.0(税込) ツインB
------------------------------------------------------
1人分換算:€258.5 (約33,605円)




にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チケットの事前予約


0421APR_0277.jpg


バルセロナの有名な観光名所(サグラダ・ファミリア/グエル公園/カサ・ミラ/カサ・バトリョ/ピカソ美術館/カタルーニャ音楽堂)はインターネットで事前予約が可能です。

《利点》
長く並ばずに入れる
少し安くなる施設もある
複雑なオプションを理解しやすい
持ち歩く現金を減らせる

《難点》
日程や時間を決めなければならない
クレジットカードなどオンライン決済の手段が必要
予約証明にスマホか印刷のためのプリンターが必要


私は、細かいスケジュールを立てずに旅立とうと思っていたので、全部の予約をするもりはありませんでした。ただ激混みの噂を聞いたサグラダ・ファミリアと、観光ではなくコンサートで入場したほうが写真を撮りやすいと聞いたカタルーニャ音楽堂の事前予約は日本で済ませ、引換証?証明証?のプリントアウトを持参しました。

しかしペンションのスタッフさんからのアドバイスもあって、カサ・バトリョとグエル公園も前日にスマホから予約しました。そうそうサグラダ・ファミリアにもう一度行きたくて、それも現地で事前予約しましたね。

「やっぱり事前予約をして良かったか?」ですが、モチロンです! 4月ということで夏よりだいぶマシとは思うのですが、それでも人が凄かったのです。その場購入のチケット行列を何度も目撃しましたし、疲れてくると並ぶ気力も湧かないものです。また、いくつかの施設では時間帯で入場人数を制限をしているところもあり、やっと手に入れたチケットが午後から入場だった、なんてこともあるようですしね。

それと言葉に自信がない私のような場合、窓口購入したのであればチケット購入時に選ぶオプションの数々に対応できた自信がありません。サグラダ・ファミリアのエレベーターも生誕の門と受難の門が選択制、オーディオガイド付きだのファストパス(優先入場)だの、とにかく施設ごとに色々あるんですよ(汗)


《私が日本で事前予約した施設》
サグラダ・ファミリア €19.5/人
  →入場9:00&エレベーター9:15予約:タワーから降りてきて教会内部は後から見る作戦!
カタルーニャ音楽堂 €10.0/人
  →4/18夕方のコンサート(市内の音楽学校の発表会)が安かったので、値段で演目きめました。


《私が現地で事前予約した施設》
グエル公園 €7.0/人
  →8:00入場の朝一番を予約。しかし8時前入場なら有料ゾーンも無料と判明!
カサ・バトリョ €21.5+€5.0 (←ファストパス )/人
  →日本語オーディオガイド付で日時指定なし=滞在中いつでも可、高いがファストパス最高!
サグラダ・ファミリア €15.0/人
  →入場のみでタワーなし。9:00予約はやはり人が少なめで写真を撮りやすいです。


《事前予約があるのにしなかった施設》
カサ・ミラ €20.5/人
  →14時頃だったけれど10分待ちで買えて入れた。日本語オーディオガイド付き
ピカソ美術館 €16.0/人
  →8:50に並んで30番目くらいだったかしら。でも開館してすぐに買って見られました。 


【事前予約チケットの費用】
サグラダ:€19.5
カタルーニャ音楽堂:€10.0
グエル公園: €7.0
カサ・バトリョ: €26.5
サグラダ:€15.0
-------------------------------------------
1人分合計:€78.0=10,140円






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

空港宅急便のこと


0421APR_0511.jpg


私は、昔からスーツケースは送っちゃう派です。往復の空港宅急便を使って、行きも帰りも持ち歩きません。現在の自宅は駅から徒歩10分以内ですが、やはり、ゴロゴロ音をたてながら信号を渡り、混雑する駅の構内を引き回すのはどうしても苦手です。安くはないですが、通勤ラッシュにかかる場合も少なくないので、送る一択ですね。

いつも、旅立ちの1週間くらい前に伝票を手に入れ、2日前に集荷してもらいます。ですから荷造りは出発の3日前には終わっています。入れ忘れもちょこちょこありますが、それは持参して空港で入れてしまいます。空港まで公共の交通機関を使わなければならない方には、とってもオススメです。

私がいつもお願いしているのはヤマト運輸さんですが、伝票は普通の宅急便元払いのものと変わりません。ただ記入の仕方が違い、ターミナルや出発便、出発日時を書く必要があるのでお気をつけください。

成田空港での受け取りは、出発ロビーにブースがあるので自分で受け取りに行きます。伝票の控えを忘れずに!帰りに送る時は、到着ロビーに出て右奥のブースです。行きに受け取った伝票が必要になりますので、旅の最中になくさないこと、帰路は手荷物に入れておくことをお忘れなく!





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

バルセロナの巡り方

バルセロナで、私が訪ねた観光地を立地でざっくり分けると「バルセロネータ」「旧市街」「グラシア通」「サグラダ・ファミリア方面」「モンジュイック」「グエル公園/ティビダボ方面」「モンセラット」でしょうか。
それぞれの位置関係をイメージしやすいように地図を貼ってみました。右下の「ーボタン」2押しくらいで少し地図を小さくしてみると分かりやすいかと思います。


まず、観光の起点となる「カタルーニャ広場」がココです。




「バルセロネータ」→オリンピック港とビーチを含む海辺




「旧市街(ゴシック地区)」→カテドラル、ピカソ美術館、グエル邸、カタルーニャ美術館 etc.

地図に示したランブラス通りから東(右)側から、面積の広い緑の四角シウタデリャ公園までが旧市街です。区画整備される前の入り組んだ城壁都市だった頃が街並みに残っていて地図でもすぐにわかりますね。路地裏はとても雰囲気があり、名所に行かなくても楽しめる場所です。



「グラシア通り」→カサ・ミラ、カサ・バトリョがある高級ショッピング通り

地図で示したのがグラシア通りです。途中にあるメトロ「パッセーグ・デ・グラシア」駅前にカサ・バトリョがありますので、カサ・ミラとセットで巡るのがちょうどいいでしょう。



「サグラダ・ファミリア方面」→サグラダファミリア、ガウディ公園、ガウディ通り、サンパウ病院

地図では目安として徒歩の場合を表示していますが、サグラダまではもちろんメトロやバスが楽でしょう。サグラダからサン・パウ病院は、斜めのガウディ通りが分かりやすく美しいので、そちらはぜひ歩いていくことをオススメします。突然開けるサン・パウ病院の正面玄関も見事ですが、ときおり振り返ってサグラダ・ファミリアを見るのも一興ですよ。カフェがたくさんある楽しい散歩道です。



「モンジュイック」→モンジュイック城、ミロ美術館、カタルーニャ美術館、スペイン村 etc.

モンジュイックの丘は、バルセロナ五輪のメイン会場となった場所です。オリンピックスタジアム以外にも素晴らしい展望のモンジュイック城、ミロ美術館、カタルーニャ美術館、スペイン村など見所がたくさんです。麓からはフニクラと呼ばれるケーブルカーや、さらに上の城まではゴンドラもあります。



「グエル公園/ティビダボ方面」→グエル公園、ティビダボ遊園地

グエル公園のあたりは他に見所がないと言われていますが、ぜひティビダボの丘にも行って欲しいなと思います。モンジュイックの丘もバルセロナを見渡せますが、高さが違うのでこちらからの展望は最高です。展望台は入場無料の遊園地にあり、遊園地には麓からフニクラが運んでくれます。地図にはフニクラの線がなかったので登山経路が記されていますが、実際は「Pl del Doctor Andreu-Funicular」から頂上まで一直線です。 グエル公園からフニクラ駅までは道が込み入っているうえ登りもあるのでタクシーをオススメします。8ユーロ弱です。



「モンセラット」→モンセラット修道院 etc.

バルセロナのスペイン広場駅(下の地図参照)から50キロほど郊外ですが「カタル−ニャの聖地」と言われ、今ではパワースポット?として人気です。岩山の上の修道院や祈祷庵がある他、観光客のための施設も整っています。1200mを超える標高があり軽い登山の気分です。登山電車やフニクラ、ロープウェイを駆使して遠足気分が味わえます。

カタルーニャ広場→スペイン広場



なんとなく位置関係を掴めたでしょうか? 地図の出す徒歩の所要時間は短めですので×1.5 (×2)くらいでスケジュールを組むとちょうどだと思いますが、それにしても思ったよりコンパクトな街だと感じました。気候がよく街並みも美しく、歩くこと自体が気持ちいいこともあると思いますが。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

全ての費用 (1人分)


0421APR_0302.jpg


旅の記録の最後に、会計をぶっちゃけておきたいと思います。正直、みなさんが最も知りたいことの1つかと思います。個人的には「思ったより安く済んで良かったなぁ」という気分です。これまで参加したツアーが10〜18万円+α だったので、観光のための交通費や施設入場費、食費が別ならどうなることか?と不安に思っていました。もともとお土産を買わないタチのところを、更に自制していたことも奏功ですね。

これから行かれる方々の参考になれば嬉しいです。


◼︎往復航空券:    110,720円
◼︎宿泊費:      33,605円
◼︎事前予約チケット: 10,140円
◼︎現地払いチケット: 11,375円
◼︎観光交通費:    11,521円
◼︎食費:       17,940円
◼︎土産代:      1,950円
-------------------------------------------
総合計        197,251円
   

◼︎現地払いチケットの内訳(€)
カサ・ミラ =20.5
サン・パウ病院×2 =16.0
モンジュイック城 =05.0
ミロ美術館    =11.0
カタルーニャ美術館=12.0   
ピカソ美術館   =16.0
ペドラルベス修道院=07.0
------------------------------------
合計=87.5(11,375円)


◼︎観光交通費の内訳 (€)
空港バス    =32.20 ←往復券紛失のため
メトロ1回券×9枚=19.35
メトロ T-10×2枚=20.60
タクシー    =07.50
ゴンドラ片道  =22.80 ←モンジュイック
フニクラ往復  =15.40 ←ティビダボ
モンセラット往復=40.40
フニクラ往復  =19.00 ←モンセラット
------------------------------------------------------------
交通費2人合計=177.25 (11,521円/人)


◼︎食費の内訳(€)
レストラン= 27.0
その他 =111.0
------------------------------------------------------
食費合計=138.00(17,940円/人)





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)