バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 基本情報
CATEGORY ≫ 基本情報
      

バルセロナ喫煙事情


0421APR_0549.jpg


私も相方も喫煙者、昨今は肩身の狭い思いをしています。国内では駅付近など、携帯灰皿があっても吸えない場所ばかりですが、バロセロナはゆるかったです。基本的に公共の場所は禁煙なのですが、そういう場所でも灰皿が置いてあったり、喫煙場所が設けられています。街中でも歩きタバコの人をたくさん見かけましたし、そもそも戸外はオールOKな感じです。カフェも入り口には必ず灰皿、テラス席は普通に灰皿常備ですし、25メートルおきくらいに設置されているゴミ箱にも灰皿がついているものが多いです。

バルセロナの空港内は、ショッピングエリアにある中庭のようなところ(空港の入り口を背にして右手奥)が喫煙エリアで灰皿も置いてあります。出発ゲートの並ぶエリアにも喫煙ルームがあったので喫煙者さん、ご心配なく!

またイチバン我慢の時である往復の移動ですが、トランジットした行きのチューリヒ空港も、帰りのフランクフルト空港も、出発ゲート・エリアに喫煙所がありますので何とか凌いでください。

ちなみに、私が泊まったペンションは建物内禁煙でしたので、携帯灰皿を持って歩道で吸っていました。ホテルも基本的に館内禁煙と聞きますので、携帯灰皿は必携ですね。

駅の構内やメトロ内も禁煙、さすがに吸っている現地人は見ませんでした。改札前に灰皿があったように思います。モンセラットまでのカタルーニャ鉄道は比較的長距離で70分くらいも乗りましたが、地上駅にはホームに灰皿がありましたので、やはり戸外はOKという原則なんだと感じました。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)

私がまわった順番


0421APR_0919.jpg


旅立つ前の予定は「その日に決めればいい」でした(笑)
正直「若い頃からずっとバルセロナに憧れていた!」という訳でもなかったので、航空券を取った時点ではサグラダ・ファミリア以外に何があるの?という感じでした。
その後ガイドブックやネットで観光名所を調べ、どういうところがあるのかをリサーチし「ここは行きたい、こっちは時間があれば」的な印象だけは醸成されましたが、それをどう配置すれば効率よい観光になるのかは考えませんでした。だって滞在型だもーん、何とかなるよ、6日間もフリータイムなんだよー!が合言葉でした(笑) とは言え、地図で観光名所をチェックしていけば、おのずとルートが見えてくるのがバルセロナでもあります。

下記は「結局、終わってみれば私達はこう回った」という振り返り視線のスケジュールになります。非効率なところもありますが、これは虚弱な私達が「意外に疲れてないよね……さらに足をのばそうか!」と朝に立てた予定に急遽プラスした結果です。地図にある☆印が行ったところです(郊外のモンセラットを除く)。



◼︎4月14日(火)◼︎
早朝)
 *凱旋門
 *シウタデリャ公園
 *バルセロネータ
午前)
 *旧市街の路地裏散策
 *カテドラル
 *サンタ・マリア・デ・マール教会
午後)
 *カサ・ミラ

◼︎4月15日(水)◼︎
午前) 
 *サグラダ・ファミリア(予約)
 *サン・パウ病院
午後)
 *宿で休憩
夜)
 *エル・グロップ←レストラン

◼︎4月16日(木)◼︎
午前)
 *モンジュイック城
 *ミロ美術館
午後)
 *カタルーニャ美術館
 *マジカ噴水
 *スペイン広場
夜)
 *サグラダ・ファミリア(夜景)

◼︎4月17日(金)◼︎
午前)
 *グエル公園
 *ティビダボの丘(遊園地)
 *サグラット・コール教会
午後)
 *サン・パウ病院
夜)
 *カサ・ミラ(夜景)
 *カサ・バトリョ(夜景)
 *グラシア通

◼︎4月18日(土)◼︎
午前)
 *ピカソ美術館
 *ランブラス通
 *サン・ジュセップ市場
午後)
 *ペドラルベス修道院
 *カサ・バトリョ(予約)
 *カタルーニャ音楽堂(予約)

◼︎4月19日(日)◼︎
午前)
 *サグラダ・ファミリア(予約)
 *モンセラット修道院
 *サン・ジュアン祈祷庵
夕方)
 *マジカ噴水ショー





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)

公共交通機関(メトロ)


0421APR_0948.jpg


私が、行く前にいちばん不安に思っていたことはトランジット時間の短さでしたが、その次に不安だったのがバルセロナの公共交通機関でした。ガイドブックもネットも目を通しましたが、こればかりはいくら情報を集めても現地でないと把握できない、と感じていました。そしてそれは正解でしたので、もしメトロやバスを使いたいと考えている方は、あまり気負わずに「何とかなる」と思っていて大丈夫だと思います!

とは言え、幾つかの情報と準備は有効ですので、気づいたことを書いておきますね。

メトロRENFE近郊線の路線図は、自分が見やすいものをそれぞれ用意。現地の駅などにある無料配布のものは紙質が悪く折り目からすぐに破れます。できればガイドブックについているような駅名が日本語で書かれているものをオススメします。

・行く場所、行く順番が決まっている場合は、周辺駅(最寄り駅だけでなく)をチェック。ガイドブックの「◯◯への行き方」に書いてある駅が本当にあなたにとって近いとは限らないので、必ず地図と路線図の両方をチェックして下さい。バルセロナの街は碁盤の目で、1ブロックは約120メートル……そこまで苦になる距離ではありませんから、細かく乗り換えて指定された駅に行くよりも、1〜2ブロック歩く範囲も視野に入れると便利です。

・メトロ(路線バスと共通)のチケットは改札前の自動券売機で買います。日本の駅のようにビルトインではなく、むしろ精算機のように単体で2〜3台、赤いマシンが置いてあります。

metro-ticket-booths.jpg

いくつか種類がありますが、1回券「B.SENZILL」/€2.15、10回券「T-10」/€10.30、1日券「T-Dia」/€7.60が使いやすいと思います。特に「T-10」はシェア(1人が改札を通った後に渡す)できますので、2人以上なら1回券をそれぞれ買うよりずっとお得です。券の裏に改札を通すたびに印字が出ますので、それで残りを確認するのを忘れないでください。

1回券
写真 1


・メトロの乗り方は、改札に券を通します。入れる場所のすぐ先から出るので、それを抜くとプラスチック扉が左右に開くので通ります。1枚の券を共有する時は、次の人に抜いてもらうとタイミングがいいかも。抜いた人はまた入れて、自分で抜いて通ってください。目的地に着いて改札内から出るときは、日本のようにもう一度券を通すということがありません。同じような改札がありますが、よく見ると券を入れる穴がない機械がありますので、通ってプラスチック扉に近づくと勝手に開きます。ただ!1回だけ出るのに通さないといけない時がありましたので、1回券を使った方、もしくは「T-10」を使い切ってしまった方でも駅を出るまで捨てないでくださいね。

・自分が乗る電車はどちらのホームなのか?は、日本でも間違いやすいポイントですが、バルセロナではさらに混乱すること間違いなしです(笑) そもそも表示/標識/看板のたぐい、構内に限らず街中でも観光名所でも少なすぎます!とは言え、ないわけではなく分岐点などにはしっかり掲示されています。ただ日本のように10mおきに同じ看板があるという親切さはないので「見つけた時=最初の表示=最後の表示」と思ってしっかり見て下さい。ホームにも表示はありますが、そこに至る通路の曲がり角にある表示にまず注目です。

・これは構内に限りませんが、表示の表現が日本と違って戸惑うことがあります。方向を示す矢印が真下(床)を向いている時、これは下に降りる指示ではありませんので要注意!バルセロナでは「まっすぐ進め!」です。また、自分のいる駅が始発でも終着でもない場合、目当ての地に降り立つためにはどちら行きの電車に乗ればいいのかを示す看板を見る時も要注意です。その路線が、どこ始発でどこ終着なのか駅名を覚えておくのが最善なのですが、それが出来なかった場合、進行方向に行きたい駅名があれば、そのホーム正解です。

紫色のL2号線の場合)●ー●ー◉ー◯ー◯ー◯ー◯  =後ろ =現在地 =進行方向 

・券種に関わらず、最初の刻印から75分以内であれば乗り換えが可能です。メトロからバス、バスからメトロ、メトロからカタルーニャ鉄道も大丈夫ですよ!


電光掲示板のグリーンの数字は「あと何分で電車が来るか」の表示で、とても分かりやすいです。
0421APR_0001.jpg
写真として人のいない時を狙いましたが、通常は人がたくさんいますのでご安心を!






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)

公共交通機関(その他)


0421APR_0132.jpg


今回は、メトロ以外の交通について書いていきます。

・混乱しがちなのがメトロとカタルーニャ鉄道の関係かも知れません。カタルーニャ鉄道もメトロです。郊外と市内を結ぶ通勤路線を運営していて、前記事のメトロは市交通局の運営です。バルセロナ中心部の始発駅を交通局と共用していますので「プラサ・カタルーニャ(カタルーニャ広場)駅」と「プラサ・エスパーニャ(スペイン広場)駅」の構内に紺色で案内が出ています。「プラサ・カタルーニャ駅」始発の路線はL7号線=北側のティビダボ方面、「プラサ・エスパーニャ駅」始発の路線はR5号線=西側のモセラット方面になります。

・カタルーニャ鉄道を使いたい人は、おそらくティビダボ、モンセラット、コロニア・グエル教会が目当ての方でしょう。コロニア・グエルには行かなかったので書けませんが、ティビダボとモンセラットへは行きましたので、そちらの記事でさらに触れたいと思います。

路線バスは、網の目のように密に走っています。使いこなせれば本当に便利そうですが、なかなか全体像がつかめない印象でした。街中では全路線マップを見かけないし、同じ場所にバス停が幾つもあったり、そもそもどっち向きのバス停で待てばいいのかも、見知らぬ土地では判断できなかったり……。私のオススメの利用法は、行きではなく帰り。名所の近くでバス停を見かけたら「プラサ・カタルーニャ行」に乗ること。これなら途中はどうあれ帰ってこられます(笑)

参考までに、私たちがバスに乗ったのは4回。宿近くのサン・ペレ通→モンジュイックの丘(55番)、カタルーニャ広場→グエル公園(24番)、ティビダボ行きフニクラの麓の駅前→カタルーニャ鉄道Av.ティビダボ駅(196番)、ペドラルベス修道院→カサ・バトリョ前(22番)でした。乗っているバスの行き先に自信があれば、実はメトロよりずっと楽ですよ。

乗り方は前から。最前列の席の後ろにある機械に、メトロとの共通券を差し込むだけ。T-10で2人なら2回差し込みます。券がない場合は運転手さんに現金で払います。降りる前にボタンを押すのは日本と一緒、終点でないならアナウンスはスペイン語のみなので注意して下さい。

タクシーには1回だけ乗りました。黒と黄色なのですぐに分かります。グエル公園からティビダボの麓まで乗ったのですが基本料金が€2.10でびっくり!1km毎に€1.03、私たちは7〜8分ほど乗ったのですが€7.5くらいでした。行き先さえ伝えられれば、怖いこともなく安心して乗っていられました。その後に乗る機会はなかったですが、疲れた方はさっさと乗ったほうがいいと思います!

・空港←→カタルーニャ広場を繋ぐ空港バス(Aerobus)は、券売機はクレジットカードのみだったと思います。クレジットでもいいやと思ったのですがVISAがハネられてしまって買えずじまい……でも、バスのところにスタッフがいるので、結局、私は現金でスタッフから買いました。片道€5.9、9日間有効の往復券が€10.20だったので往復券を買ったのですが、宿で無くしてしまって帰国の際にまた買うはめに(涙) みなさま、ペラッとしたレシートのような紙なのでお気をつけくださいね。行きも帰りも渋滞していなかったので、20分くらいで着いたと思います。

「Barcelona Bus Turistic」、私はご縁がなかったですが街中でよく見かけました。2階席が開放的で気持ち良さそうでした。青ルート、赤ルート、緑ルートの循環3路線、「日本語オーディオガイドも付いていて市内37ヶ所の専用バス停から乗り放題、施設割引券も多数付属」と魅力的なのですが、1日券 or 2日券の2種類しかないうえ€24.3(3,159円)と€34.2(4,446円)とお高め。とはいえ迷ったり歩いたりの心配がないので、3日間くらいの滞在日程なら一択の便利さだと思います。





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)

私が使った交通機関




上の地図、右側「ペンション カサ・デ・バルサ」に泊まった私が、そこを起点に各名所を巡った時に使った交通機関を書いておきます。参考になれば嬉しいです。

◼︎2日目◼︎
早朝)
 【宿】→歩→【凱旋門】→歩→【シウタデリャ公園】→歩→【バルセロネータ】→歩→【宿】
午前)
 【旧市街の路地裏散策】→歩→【カテドラル】→歩→【サンタ・マリア・ダル・マル教会】
  →歩→【宿】
午後)
 【宿】→1→【カサ・ミラ】→2→【宿】
  1=メトロL3「カタルーニャ」→「ディアゴナル」
  2=1の逆

◼︎3日目◼︎
午前) 
 【宿】→歩→【サグラダ・ファミリア】→歩→【サン・パウ病院】→1→【宿】
  1=メトロL4「ギナルド」→「ウルキナオナ」
夜)
 【宿】→歩→【エル・グロップ(レストラン)】→歩→【宿】

◼︎3日目◼︎
午前)
 【宿】→1→【モンジュイック城】→2→【ミロ美術館】
  1=55番バス「Ronda Sant Pere-Girona」→22番目「Pl.Dante(終点)」
                       (カタルーニャ広場から乗ると19番目)
  2=ゴンドラ(Teleferic)「カステイ」→「パルク・モンジュイック」
    
午後) 
 【ミロ美術館】→歩→【カタルーニャ美術館】→歩→【マジカ噴水】
  →歩→【スペイン広場】→1→【ウルキナオナ駅】→歩→【宿】
  1=メトロL1「エスパーニャ」→「ウルキナオナ」
夜)
 【宿】→1→【サグラダ・ファミリア】→2→【宿】
  1=歩いてメトロL2「テトゥアン」→「サグラダ・ファミリア」
  2=往路の反対

◼︎4日目◼︎
午前)
 【宿】→歩→【カタルーニャ広場】→1→【グエル公園】→2→【ティビダボの丘】
  →歩→【サグラット・コール教会】
  1=24番バス「24番専用のバス停」→19番目の「Ctra del Carmel-Parc Guell」
  2=タクシーで「プラサ・ダル・フニクラ」→フニクラで「ティビダボ」
午後)
 【ティビダボの丘】→1→【サン・パウ病院】
  1=フニクラで「ティビダボ」→「プラサ・ダル・フニクラ」
    目の前のバス停から196番バス→「Av Tibidabo-La “Rotonda”(終点)」
    乗換メトロL7→「カタルーニャ」→歩→L4「ウルキナオナ」→「ギナルド」
夜)
 【宿】→歩→【カタルーニャ広場】→1→【カサ・ミラ】→歩→【カサ・バトリョ】
  →歩→【グラシア通り】→歩→【宿】
  
◼︎5日目◼︎
午前)
 【宿】→歩→【ピカソ美術館】→歩→【ランブラス通り】→歩→【サン・ジュセップ市場】 
午後)
 【カタルーニャ広場】→1→【ペドロルベス修道院】→2→【カサ・バトリョ】
  →歩→【カタルーニャ音楽堂】
 1=メトロL6「カタルーニャ」→「レイナ・エリセンダ」
 2=22番バス「Bisbe Catala-Bosch i Gimpera」→21番目「Pg de Gracia-Consell de Cent」
 
◼︎6日目◼︎
午前)
 【宿】→1→【サグラダ・ファミリア】→2→【モンセラット】→3→【サン・ジュアン祈祷庵】
  1=メトロL2「テトゥアン」→「サグラダ・ファミリア」
  2=メトロL2「サグラダファミリア」→「ウニベルシタット」乗換L1→「エスパーニャ」乗換
    R5→「Monistrol de Montserrat」
→乗換クレマジェラ(登山鉄道)「Montserrat(終点)」
  3=登山鉄道「Montserrat駅」内のエレベータで上がるとフニクラの駅→「サン・ジュアン」
夕方)
 【モンセラット】→1→【マジカ噴水】→2→【宿】
  1=往路を逆に辿り「エスパーニャ」下車
  2=メトロL1「エスパーニャ」→「ウルキナオナ」






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)