バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2015年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年04月
ARCHIVE ≫ 2015年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年04月  | 翌月 ≫

はじめに


0421APR_0410.jpg


私は、関東在住の40代女性「たまこ」と申します。
写真ブログ「デジイチ始めました」の番外編として、ここを始めました!

旅行と写真が趣味で、相方と方々に出かけますが、このたび生まれて初めて完全な個人手配で海外旅行をしました。ツアーでは10回以上も海外に行っているのに「やっとかい!」という感じですが、語学がダメという自己呪縛が邪魔をしてココまで来てしまいました。

個人手配の海外旅行ビギナーにも関わらずハウツー的なブログを書くのは僭越ではないか?という気もしますが、個人的な記録を残しておきたいのと、これから初めて同じような旅をしようと考えている方のお役に少しでも立てばと思い、綴っていきたいと思います。


なお、このブログは、ことの全てが終わった時点で書き始めました。完結型のため、最新記事がトップに掲載される更新方法ではありません。トップ記事は常に「はじめに」のまま、新しい記事ほど後方に付け加わっていく更新方法なのでお気をつけください。最終記事は「おわりに」です。





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
ご挨拶 | Comments(-) | Trackbacks(-)

飛行機の手配


0421APR_0157.jpg


2015年のお正月、H.I.S.で航空券の年始セールをやっていたので、それを利用しました。

格安航空券を選ぶときのポイントは「価格」「乗り継ぎの有無」「移動の総時間」でしょう。

バルセロナの場合はそもそも日本からの直行便がないため、必ず乗り継ぎが必要になります。乗り継ぎ空港=エアラインの本拠地、が基本ですのでどの国の航空会社を選ぶかが重要です。バルセロナで言えば、ヨーロッパの航空会社でヨーロッパの都市を経由するか、アジア・中東系の航空会社でアジア・中東の都市を経由することになりますが、問題は「前者は高いが移動時間が短くて、後者は安いが移動時間が長い」ということです。

ヨーロッパの都市までは、基本的に北回り航路ですので乗り継ぎ空港までの飛行時間も短め、乗継時間も短めなのですが、中東は赤道付近を飛行しますので乗り継ぎ空港までも長く、さらにそこで6時間待ちということもざらです。前者が現地到着まで合計15時間ていどなのに対し、後者はよくて18時間、下手すれば24時間なんてこともあるのです。

という事情を踏まえ、最も安かった中東系ではなく、行きはスイス航空、帰りはルフトハンザ航空という最安よりは1.5万ほど高いチケットを取りました。往復で違う航空会社ですが、実はこの路線は全日空、ルフトハンザ、スイス、オーストリアの共同運行っぽい路線なのでセットで売ることもあるようです。

ちなみにご存知とは思いますが、フライトに関する時刻表記は全て現地時間です。LX161便ならば、日本時間10:25発でスイス時間15:50着。では何時間のフライトなのか?と言えば、スイスは日本からマイナス7時間ですので、日本時間で揃えて考えるならスイス時間に+7をして10:25発22:50着=12時間25分ということです。


2015/04/13
10:25発 15:50着 LX161「成田→チューリヒ」Airbus343 乗継時間1時間30分
17:20発 19:10着 LX1956「チューリヒ→バルセロナ」Airbus321

2015/04/20
10:30発 12:40着 LH1125「バルセロナ→フランクフルト」Airbus321 乗継時間1時間
13:40発 07:45着 LH710「フランクフルト→成田」Boeing744


【往復航空券代】
航空券料金:50,000円
国内空港使用料:2,610円
その他諸税等:57,030円 ←燃油サーチャージ料
取扱料金:1,080円
------------------------------------
1人分合計:110,720円





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宿の手配


0421APR_0151.jpg


予約のタイミングについて「飛行機が先か、宿が先か……」などと悩む方もいると思いますが、宿に本予約を入れる際に到着便と帰国便を訊かれることがあるので、基本的に飛行機が先と思います。


1)旅の行き先と日程を決める
   ↓
2)航空会社と宿の選定をする
   ↓
3)航空会社に希望日の残席を確認する
   ↓
4)宿に空室を問い合わせる
   ↓
5)宿の空室照会に返事がきたらすぐに航空券を申し込む
   ↓
6)航空券が確定したら宿を申し込む


絶対ではありませんが、私はこんな流れでした。もっとも4月中旬は繁忙期ではないので、夏などはもっとシビアと思いますのでお気をつけくださいね。


さてバルセロナの宿、私の着目ポイントは以下の3点です。

「2人で1日1万円以下」
  →7泊ですので安いに越したことはありません
「カタルーニャ広場に近い」
  →空港バスが着くこの広場からスーツケースを持って歩ける距離が良い
「日本語が通じる」
  →初めて&話せない言語の土地でアドバイザーがいないのは辛い


いろいろと調べた結果、私がお世話になったのは「Casa de Barca(カサ・デ・バルサ)」さん、オーナーがバルセロナに住んで長い日本人なので、観光のアドバイスや手助けからトラブル対処までお願いできる頼もしいペンションです。カタルーニャ広場からも徒歩10分くらい、他のメトロ駅も3ブロックくらいですし旧市街も近いです。コンビニ風商店やスーパー、飲食店にカフェも近くとても便利で助かりましたよ。



【宿泊費】
4/13〜4/16:€71.5(税込)ツインB
4/17〜4/19:€77.0(税込) ツインB
------------------------------------------------------
1人分換算:€258.5 (約33,605円)




にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チケットの事前予約


0421APR_0277.jpg


バルセロナの有名な観光名所(サグラダ・ファミリア/グエル公園/カサ・ミラ/カサ・バトリョ/ピカソ美術館/カタルーニャ音楽堂)はインターネットで事前予約が可能です。

《利点》
長く並ばずに入れる
少し安くなる施設もある
複雑なオプションを理解しやすい
持ち歩く現金を減らせる

《難点》
日程や時間を決めなければならない
クレジットカードなどオンライン決済の手段が必要
予約証明にスマホか印刷のためのプリンターが必要


私は、細かいスケジュールを立てずに旅立とうと思っていたので、全部の予約をするもりはありませんでした。ただ激混みの噂を聞いたサグラダ・ファミリアと、観光ではなくコンサートで入場したほうが写真を撮りやすいと聞いたカタルーニャ音楽堂の事前予約は日本で済ませ、引換証?証明証?のプリントアウトを持参しました。

しかしペンションのスタッフさんからのアドバイスもあって、カサ・バトリョとグエル公園も前日にスマホから予約しました。そうそうサグラダ・ファミリアにもう一度行きたくて、それも現地で事前予約しましたね。

「やっぱり事前予約をして良かったか?」ですが、モチロンです! 4月ということで夏よりだいぶマシとは思うのですが、それでも人が凄かったのです。その場購入のチケット行列を何度も目撃しましたし、疲れてくると並ぶ気力も湧かないものです。また、いくつかの施設では時間帯で入場人数を制限をしているところもあり、やっと手に入れたチケットが午後から入場だった、なんてこともあるようですしね。

それと言葉に自信がない私のような場合、窓口購入したのであればチケット購入時に選ぶオプションの数々に対応できた自信がありません。サグラダ・ファミリアのエレベーターも生誕の門と受難の門が選択制、オーディオガイド付きだのファストパス(優先入場)だの、とにかく施設ごとに色々あるんですよ(汗)


《私が日本で事前予約した施設》
サグラダ・ファミリア €19.5/人
  →入場9:00&エレベーター9:15予約:タワーから降りてきて教会内部は後から見る作戦!
カタルーニャ音楽堂 €10.0/人
  →4/18夕方のコンサート(市内の音楽学校の発表会)が安かったので、値段で演目きめました。


《私が現地で事前予約した施設》
グエル公園 €7.0/人
  →8:00入場の朝一番を予約。しかし8時前入場なら有料ゾーンも無料と判明!
カサ・バトリョ €21.5+€5.0 (←ファストパス )/人
  →日本語オーディオガイド付で日時指定なし=滞在中いつでも可、高いがファストパス最高!
サグラダ・ファミリア €15.0/人
  →入場のみでタワーなし。9:00予約はやはり人が少なめで写真を撮りやすいです。


《事前予約があるのにしなかった施設》
カサ・ミラ €20.5/人
  →14時頃だったけれど10分待ちで買えて入れた。日本語オーディオガイド付き
ピカソ美術館 €16.0/人
  →8:50に並んで30番目くらいだったかしら。でも開館してすぐに買って見られました。 


【事前予約チケットの費用】
サグラダ:€19.5
カタルーニャ音楽堂:€10.0
グエル公園: €7.0
カサ・バトリョ: €26.5
サグラダ:€15.0
-------------------------------------------
1人分合計:€78.0=10,140円






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

持っていくモノ(いつも)


0421APR_0018_s.jpg


「バルセロナだから」ということではなく、普段の旅の準備についてつらつらと書いてみます。

私の旅の荷物は、大きく3つ「スーツケース」「機内(バス)バッグ」「持ち歩きバッグ」です。スーツケースに入れるモノは宿泊先でしか出し入れできないことを考えれば、その中身はどの旅行もあまり変わりはありません。ですから最初にスーツケース以外の手荷物をイメージし、必要なモノを揃えていきます。これが毎回けっこう大変なんですね、私は。行き先や気候をふまえて「機内(バス)に持ち込むモノ」「常に携帯するモノ」を決めていきます。


「機内(バス)バッグ」
これには飛行機内に持ち込むモノ、ツアーでバス移動が多いならバスに持ち込むモノをまとめます。大きさとしては30リットルくらいでしょうか、リュック or 斜めがけ可能なナイロン製ボストンバッグなど、トランジットくらいなら持って歩いても苦にならない軽い物を選んでいます。

・機内グッズ
  (マスク、アイマスク、スリッパ、ネックピロー、フットラック等)
・薬
  (目薬、軟膏、風邪薬、痛み止め、喉スプレー、下痢止め、胃腸薬)
・飴やガム
・カーディガン等のはおり物
・カメラ、レンズ、手入れ道具、充電器
・ガイドブック


「常に携帯するモノ」
こちらはホテルを出たら常に持って歩くモノ、必要時に手元ないと困るモノをまとめます。大きさとしては長時間歩く観光でも負担にならないサイズ、個人的には他に大きなカメラがあるので、小さければ小さいほどいいと思っています。10リットル以内で斜めがけが基本ですね。

・お財布
・カメラのお手入れグッズ(クロス、ブロワー、メディア等)
・ボールペン
・スケジュール表
・チケット
・スマホ
・胃腸薬

※パスポートや帰りの航空券、スーツケース&自宅の鍵、大きなお金や予備のクレジットカード、お守りはシークレットポーチに入れて服の内側にひそませています。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
持ち物 | Comments(-) | Trackbacks(-)

持っていくモノ(その他)


0421APR_0010.jpg


今回は「スーツケース」の中身について、です。
一般的な持ち物リストはこちらが参考になると思います。書き込みもできるので便利ですよ!

私自身は、オシャレなし&化粧なしで旅に出るので、女性のわりに本当に荷物が少ないです。ですから衣類という意味では全く話せることがないので、個人的に気に入っている旅行常備品を書くことにします。

フットラック・ライト
  →本当に足が楽になりました。エコノミーで男性が使用するのは無理かも?

捺印マット
  →お風呂の栓がないバスタブで重宝します。かさばらず半径を問いません。

小袋の入浴剤セット
  →硬水で長湯は肌に負担がかかるらしい&気分いいので☆

ラベンダーのアロマオイル
  →機内の必需品マスクの内側に垂らすと臭くならずリラックス。傷跡や喉痛にも◯

・携帯用のドレッシングマヨネーズ
  →海外ではサラダが出ても日本のようなドレッシングがなく寂しいことも。

イオン飲料の粉
  →外国のジュースが口に合わない時やお腹を壊した時など、外国でイオン飲料は珍しいので。


そうそう、バルセロナで泊まったペンションは、調理NGですが電子レンジがあると聞いていたので、レンジ可のプラスチック食器(100円ショップ)とレンジでチンする御飯、レトルトカレー、カップラーメン、容器入り味噌汁や瓶詰めの岩のりも持っていきました。なかなか重宝しました!

もう1つ、いつの旅だったか、スーツケースを宿で開けたらシャンプーやクリーム類がでろでろ出てしまっていて、のっけから泣きたくなったことがありました。それ以降、全て個別にシャラシャラのビニール袋に入れて口を結び、また帰国前のパッキンクでビニール袋に入れるようにしています。貨物室の気圧の関係なのでしょうか? お気をつけください。





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
持ち物 | Comments(-) | Trackbacks(-)

持っていくモノ(今回)


0421APR_0268.jpg


前回の記事をふまえて、今回の荷物とその中身です。

「機内(バス)バッグ」
今回は、これらのモノが全て入ること、さらに飛行機の乗継時間が短いので空港を走る可能性も考えリュックサックにしました。
具体的には「OUTDOOR PRODUCTS のデイパック」です。


「常に携帯するモノ」
今回は、とにかく身軽に歩き回れるように、そしてスリ被害のないようにとイメージングを繰り返して、最終的にはウエストバッグを斜めがけにすることにしました。
フラップ付きのショルダーバッグも良い候補でしたが、スリ防止の観点からは常に前に保ち、時に抱える必要があるとのこと……ストラップを短く縮めて使うくらいなら手持ちのウエストバッグをボディバッグのように斜めがけすればでいいや!と思ったのです。
具体的には「OUTDOOR PRODUCTS のウエストバッグ」です。


また、幾つか工夫したオリジナル・グッズ?も用意しました。
ハットタイプの帽子をかぶって行ったのですが、その内側の底に、フェルトと裁縫用ボンドで隠しポケットを作成。予備のクレジットカードと50ユーロ札を2枚ほど入れておき、有事?に備えました。
そして、ウェストバッグの内ポケットのチャック穴にウォレットチェーンを2本つけました。1本はお財布に、1本は自宅&スーツケースの鍵に繋いでスリ&紛失防止。
お財布には20ユーロ札と10ユーロ札を数枚のみ。クレジットカードはこれまたジーンズの内側に細工してつけた隠しポケットにしまっておきました(笑)

これらの工夫のおかげで、ウェストバッグの中にはカメラのお手入れ用品とガイドブック、チェーンに繋がれたお財布のみに。「身軽で安全」を何とか実現し、重いカメラを持ち歩くことができました。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
持ち物 | Comments(-) | Trackbacks(-)

お金の準備


0421APR_0179.jpg


スペインはユーロ (€)、私が旅した2015年4月中旬のレートは1€=130円でした。このブログ内ではこのレートで円換算して書いていますので、以後、ご承知おきください。

さて、どれくらい持っていくかは、まさに旅のスタイルによります。想像力を膨らませて、自分がどれくらい使うか考えておいたほうがいいと思います。

ちなみに、街のコンビニ的商店で買うなら、お水やジュース、スナック菓子、菓子パンは日本より安く、それぞれ1€以下です。街中のカフェでコーヒー&サンドイッチなら5〜8€以内、観光名所付近のカフェなら12€前後でしょうか。レンストランでの食事は明らかに日本より高いです。というか日本のスペイン料理レストランで食べるのと変わらない値段というか……パエリアやアヒージョなどの定番を4品ほど頼んだ時は飲み物なしで50€強=6500円でした。ざっくり言うならコンビニ朝食は500円、カフェ・ランチは1500円、レストラン・ディナーは5000円という目安でしょうか。

さて私自身は、いつものツアーなら食事時の飲み物代と小さなお土産で3万円も両替すれば充分なのですが、今回はあらゆることにお金が必要なので正直、悩みました。大金は持ち歩きたくないけれど、不慮の出費もあるかも知れない……等々。

色々と調べた結果、私が準備したのは「VISAデビットカード」です。もともとVISAのついたクレジットカードを持ち、東京三菱UFJ銀行に口座があったので「東京三菱UFJ-VISAデビット」から申し込みました。2週間くらいで届いたでしょうか。

このカードの気に入ったところは、
・海外でクレジットカードにようにもキャッシュカードのようにも使える
・口座残高以上は使えないので使いすぎ防止になる
・即引き落としなので後日の請求でがっかりしない

VISA加盟店では1回払いのノリでカードがきれ、それは即時に口座から引き落とされ使った連絡がメールでスマホに届きます。海外だったら、その時点の為替レートで決済されるので日本円口座のままで大丈夫です。また「VISA PLUS」の表記がある海外ATMから自分の貯金が現地通貨で引き出せます。これは使えるカードです!


さて私は、2013年のトルコ旅行で余らせてしまった€26033,800円があったので、後は成田空港で30,000円230€に両替してバルセロナに入りました。合計490€63,800円です。

日本円は、帰りの電車代のために5,000円と小銭を残しましたので、すぐにSuicaと共に予備財布に入れてユーロと分けました。宿ではスーツケースにパスポートと共にしまって帰国まで放置です。

空港バス、メトロや路線バスの共通回数券、ケーブルカーやフニクラ、事前予約ではない施設のチケット、カフェ、レストラン、飲み物やスナック……手持ちは段々と減っていき、最初にVISAデビットカードを使ってATMで下したのは旅の後半でした。最初は「サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行 (Santander)」のどこかの支店に設置された道路からアクセスできるATMで40€、2回目は「バンキア (Bankia)」のどこかの支店の外向きATMで40€、最後はモンセラット修道院入り口付近にある建物1階のATMで50€です……合計130€16,900円

バルセロナでよく見かけたATMは上述の2行でした。あらかじめロゴを覚えていくといいでしょう。カタルーニャ広場など繁華街やメトロ駅付近にはどちらかの支店が必ずあり、あらかじめ道路に面してATMが設置されています。調べたわけではありませんが、暗くなってからも日曜日にも使えました。英語表記を選び、それでも知らない単語ばかりでしたが、何となくでおろせました。不安な方はこちらで予習を!






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
持ち物 | Comments(-) | Trackbacks(-)

空港宅急便のこと


0421APR_0511.jpg


私は、昔からスーツケースは送っちゃう派です。往復の空港宅急便を使って、行きも帰りも持ち歩きません。現在の自宅は駅から徒歩10分以内ですが、やはり、ゴロゴロ音をたてながら信号を渡り、混雑する駅の構内を引き回すのはどうしても苦手です。安くはないですが、通勤ラッシュにかかる場合も少なくないので、送る一択ですね。

いつも、旅立ちの1週間くらい前に伝票を手に入れ、2日前に集荷してもらいます。ですから荷造りは出発の3日前には終わっています。入れ忘れもちょこちょこありますが、それは持参して空港で入れてしまいます。空港まで公共の交通機関を使わなければならない方には、とってもオススメです。

私がいつもお願いしているのはヤマト運輸さんですが、伝票は普通の宅急便元払いのものと変わりません。ただ記入の仕方が違い、ターミナルや出発便、出発日時を書く必要があるのでお気をつけください。

成田空港での受け取りは、出発ロビーにブースがあるので自分で受け取りに行きます。伝票の控えを忘れずに!帰りに送る時は、到着ロビーに出て右奥のブースです。行きに受け取った伝票が必要になりますので、旅の最中になくさないこと、帰路は手荷物に入れておくことをお忘れなく!





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)

バルセロナ喫煙事情


0421APR_0549.jpg


私も相方も喫煙者、昨今は肩身の狭い思いをしています。国内では駅付近など、携帯灰皿があっても吸えない場所ばかりですが、バロセロナはゆるかったです。基本的に公共の場所は禁煙なのですが、そういう場所でも灰皿が置いてあったり、喫煙場所が設けられています。街中でも歩きタバコの人をたくさん見かけましたし、そもそも戸外はオールOKな感じです。カフェも入り口には必ず灰皿、テラス席は普通に灰皿常備ですし、25メートルおきくらいに設置されているゴミ箱にも灰皿がついているものが多いです。

バルセロナの空港内は、ショッピングエリアにある中庭のようなところ(空港の入り口を背にして右手奥)が喫煙エリアで灰皿も置いてあります。出発ゲートの並ぶエリアにも喫煙ルームがあったので喫煙者さん、ご心配なく!

またイチバン我慢の時である往復の移動ですが、トランジットした行きのチューリヒ空港も、帰りのフランクフルト空港も、出発ゲート・エリアに喫煙所がありますので何とか凌いでください。

ちなみに、私が泊まったペンションは建物内禁煙でしたので、携帯灰皿を持って歩道で吸っていました。ホテルも基本的に館内禁煙と聞きますので、携帯灰皿は必携ですね。

駅の構内やメトロ内も禁煙、さすがに吸っている現地人は見ませんでした。改札前に灰皿があったように思います。モンセラットまでのカタルーニャ鉄道は比較的長距離で70分くらいも乗りましたが、地上駅にはホームに灰皿がありましたので、やはり戸外はOKという原則なんだと感じました。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)