バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOP基本情報 ≫ 公共交通機関(その他)

公共交通機関(その他)


0421APR_0132.jpg


今回は、メトロ以外の交通について書いていきます。

・混乱しがちなのがメトロとカタルーニャ鉄道の関係かも知れません。カタルーニャ鉄道もメトロです。郊外と市内を結ぶ通勤路線を運営していて、前記事のメトロは市交通局の運営です。バルセロナ中心部の始発駅を交通局と共用していますので「プラサ・カタルーニャ(カタルーニャ広場)駅」と「プラサ・エスパーニャ(スペイン広場)駅」の構内に紺色で案内が出ています。「プラサ・カタルーニャ駅」始発の路線はL7号線=北側のティビダボ方面、「プラサ・エスパーニャ駅」始発の路線はR5号線=西側のモセラット方面になります。

・カタルーニャ鉄道を使いたい人は、おそらくティビダボ、モンセラット、コロニア・グエル教会が目当ての方でしょう。コロニア・グエルには行かなかったので書けませんが、ティビダボとモンセラットへは行きましたので、そちらの記事でさらに触れたいと思います。

路線バスは、網の目のように密に走っています。使いこなせれば本当に便利そうですが、なかなか全体像がつかめない印象でした。街中では全路線マップを見かけないし、同じ場所にバス停が幾つもあったり、そもそもどっち向きのバス停で待てばいいのかも、見知らぬ土地では判断できなかったり……。私のオススメの利用法は、行きではなく帰り。名所の近くでバス停を見かけたら「プラサ・カタルーニャ行」に乗ること。これなら途中はどうあれ帰ってこられます(笑)

参考までに、私たちがバスに乗ったのは4回。宿近くのサン・ペレ通→モンジュイックの丘(55番)、カタルーニャ広場→グエル公園(24番)、ティビダボ行きフニクラの麓の駅前→カタルーニャ鉄道Av.ティビダボ駅(196番)、ペドラルベス修道院→カサ・バトリョ前(22番)でした。乗っているバスの行き先に自信があれば、実はメトロよりずっと楽ですよ。

乗り方は前から。最前列の席の後ろにある機械に、メトロとの共通券を差し込むだけ。T-10で2人なら2回差し込みます。券がない場合は運転手さんに現金で払います。降りる前にボタンを押すのは日本と一緒、終点でないならアナウンスはスペイン語のみなので注意して下さい。

タクシーには1回だけ乗りました。黒と黄色なのですぐに分かります。グエル公園からティビダボの麓まで乗ったのですが基本料金が€2.10でびっくり!1km毎に€1.03、私たちは7〜8分ほど乗ったのですが€7.5くらいでした。行き先さえ伝えられれば、怖いこともなく安心して乗っていられました。その後に乗る機会はなかったですが、疲れた方はさっさと乗ったほうがいいと思います!

・空港←→カタルーニャ広場を繋ぐ空港バス(Aerobus)は、券売機はクレジットカードのみだったと思います。クレジットでもいいやと思ったのですがVISAがハネられてしまって買えずじまい……でも、バスのところにスタッフがいるので、結局、私は現金でスタッフから買いました。片道€5.9、9日間有効の往復券が€10.20だったので往復券を買ったのですが、宿で無くしてしまって帰国の際にまた買うはめに(涙) みなさま、ペラッとしたレシートのような紙なのでお気をつけくださいね。行きも帰りも渋滞していなかったので、20分くらいで着いたと思います。

「Barcelona Bus Turistic」、私はご縁がなかったですが街中でよく見かけました。2階席が開放的で気持ち良さそうでした。青ルート、赤ルート、緑ルートの循環3路線、「日本語オーディオガイドも付いていて市内37ヶ所の専用バス停から乗り放題、施設割引券も多数付属」と魅力的なのですが、1日券 or 2日券の2種類しかないうえ€24.3(3,159円)と€34.2(4,446円)とお高め。とはいえ迷ったり歩いたりの心配がないので、3日間くらいの滞在日程なら一択の便利さだと思います。





にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
基本情報 | Comments(-) | Trackbacks(-)