バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP旅の手配 ≫ バルセロナの巡り方

バルセロナの巡り方

バルセロナで、私が訪ねた観光地を立地でざっくり分けると「バルセロネータ」「旧市街」「グラシア通」「サグラダ・ファミリア方面」「モンジュイック」「グエル公園/ティビダボ方面」「モンセラット」でしょうか。
それぞれの位置関係をイメージしやすいように地図を貼ってみました。右下の「ーボタン」2押しくらいで少し地図を小さくしてみると分かりやすいかと思います。


まず、観光の起点となる「カタルーニャ広場」がココです。




「バルセロネータ」→オリンピック港とビーチを含む海辺




「旧市街(ゴシック地区)」→カテドラル、ピカソ美術館、グエル邸、カタルーニャ美術館 etc.

地図に示したランブラス通りから東(右)側から、面積の広い緑の四角シウタデリャ公園までが旧市街です。区画整備される前の入り組んだ城壁都市だった頃が街並みに残っていて地図でもすぐにわかりますね。路地裏はとても雰囲気があり、名所に行かなくても楽しめる場所です。



「グラシア通り」→カサ・ミラ、カサ・バトリョがある高級ショッピング通り

地図で示したのがグラシア通りです。途中にあるメトロ「パッセーグ・デ・グラシア」駅前にカサ・バトリョがありますので、カサ・ミラとセットで巡るのがちょうどいいでしょう。



「サグラダ・ファミリア方面」→サグラダファミリア、ガウディ公園、ガウディ通り、サンパウ病院

地図では目安として徒歩の場合を表示していますが、サグラダまではもちろんメトロやバスが楽でしょう。サグラダからサン・パウ病院は、斜めのガウディ通りが分かりやすく美しいので、そちらはぜひ歩いていくことをオススメします。突然開けるサン・パウ病院の正面玄関も見事ですが、ときおり振り返ってサグラダ・ファミリアを見るのも一興ですよ。カフェがたくさんある楽しい散歩道です。



「モンジュイック」→モンジュイック城、ミロ美術館、カタルーニャ美術館、スペイン村 etc.

モンジュイックの丘は、バルセロナ五輪のメイン会場となった場所です。オリンピックスタジアム以外にも素晴らしい展望のモンジュイック城、ミロ美術館、カタルーニャ美術館、スペイン村など見所がたくさんです。麓からはフニクラと呼ばれるケーブルカーや、さらに上の城まではゴンドラもあります。



「グエル公園/ティビダボ方面」→グエル公園、ティビダボ遊園地

グエル公園のあたりは他に見所がないと言われていますが、ぜひティビダボの丘にも行って欲しいなと思います。モンジュイックの丘もバルセロナを見渡せますが、高さが違うのでこちらからの展望は最高です。展望台は入場無料の遊園地にあり、遊園地には麓からフニクラが運んでくれます。地図にはフニクラの線がなかったので登山経路が記されていますが、実際は「Pl del Doctor Andreu-Funicular」から頂上まで一直線です。 グエル公園からフニクラ駅までは道が込み入っているうえ登りもあるのでタクシーをオススメします。8ユーロ弱です。



「モンセラット」→モンセラット修道院 etc.

バルセロナのスペイン広場駅(下の地図参照)から50キロほど郊外ですが「カタル−ニャの聖地」と言われ、今ではパワースポット?として人気です。岩山の上の修道院や祈祷庵がある他、観光客のための施設も整っています。1200mを超える標高があり軽い登山の気分です。登山電車やフニクラ、ロープウェイを駆使して遠足気分が味わえます。

カタルーニャ広場→スペイン広場



なんとなく位置関係を掴めたでしょうか? 地図の出す徒歩の所要時間は短めですので×1.5 (×2)くらいでスケジュールを組むとちょうどだと思いますが、それにしても思ったよりコンパクトな街だと感じました。気候がよく街並みも美しく、歩くこと自体が気持ちいいこともあると思いますが。



にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
旅の手配 | Comments(-) | Trackbacks(-)