バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPアシャンプラ地区 ≫ サン・パウ病院

サン・パウ病院

お気に入り度:管理人★★★★ 相方★★★


サン・パウ病院、現地でもらったパンフレットでは「サン・パウ・モダニズム区域」と銘打たれていました。病院の正式名称も「サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院」と言うそうです。確かに地図で見ると9区画分もの面積があり、その内部構造も他の区画に対して45度かたむけて配置され、まさに「都市の中にある都市」という感じです。サグラダ・ファミリアからの美しい散歩道であるガウディ通りを行った時、突然、目の前に広がる華麗な建築に目を見張りました。そして内部はその数倍の華麗さと美しさです。是非、時間をとって見て欲しい場所です。

アクセスは、サグラダ・ファミリアとセットが効率的でしょう。サグラダ・ファミリアと、その隣にある池の公園(=ガウディ公園)の間から始まる斜めの通りがガウディ通りです。カフェが立ち並ぶ美しい通りを、時々サグラダ・ファミリアを振り返りながら歩くこと15分、すぐです。

カタルーニャ広場がスタートの場合はメトロL4「ギナルド」駅は使わないほうが無難です。駅は現在もやっている病院側にあり、観光客が入る正面はそのブロックの対角なのでかなり歩きます。特に帰りは急な坂になりますから、ご注意ください。バスでの直通はないようなので、カタルーニャ広場から向かう場合は、メトロL3「カタルーニャ」→「ディアゴナル」乗換→L5「サン・パウ・ドス・デ・マッチ」の一択でしょう。

正門から入り、右手奥がチケット売り場&入場口です。事前予約もありますが、私は2回ともすぐに入れましたし、意外にもとても空いていました。手荷物検査があるので面倒な方はロッカー(€1必要で最後に返金される)に預けるのも手です。入場料は€8.0で、もらったシールがあれば2日間OKです。英語のガイド付きコースもありますが、日本語パンフレットがとても詳しいのでそれだけで楽しめましたね。


正面
0421APR_0134_01.jpg


アラビア風タイルの美しい屋根
0421APR_0018_copy.jpg


青空に光る
0421APR_0019.jpg


病棟
0421APR_0021.jpg



0421APR_0025.jpg


庭木は癒しを目的にオレンジやラベンダー
0421APR_0027.jpg



0421APR_0031.jpg


病院に庭園という当時は斬新なアイディア
0421APR_0039.jpg



0421APR_0668.jpg



0421APR_0694.jpg


病棟をつなぐ地下通路
0421APR_0653.jpg


病棟内部
0421APR_0035.jpg



0421APR_0046 のコピー


中央棟の内装
0421APR_0050.jpg



0421APR_0051.jpg



0421APR_0052.jpg



0421APR_0055.jpg


中央棟は新患の診察に使われていた
0421APR_0066.jpg
 

11月-3月 10:00-16:30
4月-10月 10:00-18:30
日・祝   10:00-14:30

※管理人調べですので、ご確認ください。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
観光名所 アシャンプラ地区 | Comments(-) | Trackbacks(-)