バルセロナ滞在記

2015年4月にバルセロナを訪れた記録です
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPアシャンプラ地区 ≫ サグラダ・ファミリア

サグラダ・ファミリア

お気に入り度:管理人★★★★★ 相方★★★★★



行きがけの機内で『ガウディの伝言 (外尾悦郎著)』を読み、俄然サグラダ・ファミリアが楽しみになりました。個人的には外観より内部に感動、生誕の門にも登りましたが、やはり一番感銘を受けたのは内部でした!

今も建造中ということで、聖堂に雰囲気と威厳を与える「経年」という要素はありません。それどころか柱そのものはシンプルなデザインでモノトーン色、そこをステンドグラスを通ったカラフルな光が華やかに彩る……プロジェクションマッピングを彷彿とさせる、ある意味とても現代的な空間デザインです。そこにゴシック的な上へ上へ!という高さ&樹木を模したアーチ、本当に既存の様式を超えた空間でファンタスティックでした。

アクセスは徒歩でも可能ですが、メトロL2L5に「サグラダ・ファミリア」駅がありますので基本はメトロでしょう。ただしどちらもカタルーニャ広場を通らないので、そこから最寄り駅が近いのはL2ですね。「カタルーニャ」の隣の「ウルキナオナ」まで歩き、そこから3駅目です。

チケットは、必ずインターネットで事前予約するべきです。現地購入はものすごく並ぶだけでなく、聖堂内だけ(€15.0)か、塔(=ファサード=エレベーターとも)に上がるのか(€19.5)、上がるなら「生誕」なのか「受難」なのか、オーディオガイド(日本語なし)はつけるのか(€24.0)……選択肢がたくさんありますので言葉に自信がないのなら、なおさら事前予約は必須です。事前予約で気をつけたいことは、塔の表記を覚えておくこと(生誕=西/Terre Naixement、英/Tower of the Nativity facade、受難=西/Terre Passio、英/Tower of the Passion facade)、入場の予約時間と塔の予約時間は別選択なので時間をどうするか。

ちなみに生誕の門は上がりがエレベーター、下りは階段です。狭くて急な階段で外も見えますので高所恐怖症、体格のよい方、足元が不安な方には向かないかも知れません。受難の門は上がりはエレベーター、下りは階段でもエレベーターでも選べます。見えるものの違いはあるようですが、私は生誕の門しか上がらなかったので他の方の説明に譲りますが、管理人調べでは僅差で生誕の門のオススメが多いようです。

予約の時間にも注意が必要です。聖堂内入場とエレベーターの時間はずらしたほうが賢明です。ゆっくり聖堂内を見てから上がるか、降りてきてから聖堂内を見るか……私は入場を9:00、エレベーターを9:15にして降りてきてから聖堂内を見ました。上がって降りてきて20分ほどしか時間が経っていなかった(かかる時間は人それぞれでしょう。後ろの人に追い越してもらえるスペースもあるので、階段からの景色などを眺めて粘ることは可能です。一般的には20〜30分だと思います)ので、聖堂内の混み具合も特に気になりませんでした。

当日、事前予約チケット(スマホ画面OK)を持っている方は、誕生の門 (池のあるガウディ公園 )サイドのゲートから入ります。並ぶ列の途中で係員に荷物の中を目視チェックされ、ゲート寸前でチケット・チェックになります。当日券購入の方は建物の反対側の受難の門サイドのゲートですのでお気をつけください。また出るのはどちらでも構いませんので、ぜひ入ったのと反対から出てください。扉や床、ファサードも違う風景が見られます。また受難の門側にある附属小学校、オススメです。屋根も壁も曲線の不思議で楽しい建物です。

生誕の門に上がるエレベーターは主祭壇に向かって右奥 (見取り図C)にあります。受難の門のエレベーターは左側中ほど(見取り図D)。脱帽&一部祈りの場でのカメラ禁止をお忘れなく。あとエレベーターの時間も!

map.jpg

ガウディ公園より生誕の門サイド
0421A_0507.jpg


公園の池に映った逆さサグラダ
0421A_0505.jpg


池の端は撮影スポットとして人気
0421A_0513.jpg


敷地内より生誕の門(見取り図Aの外側)
0421A_0015.jpg


道路より生誕の門
0421A_0619.jpg


栄光の門(見取り図Eの外側)
0421A_0002.jpg


主祭壇サイドの外観(見取り図Fの外側)
0421A_0010.jpg


受難の門(見取り図Bの外側)
0421A_0005.jpg



0421A_0051.jpg


生誕の門扉の彫刻
0421A_0020.jpg


受難の門の入り口床
0421A_0046.jpg


塔の階段から下を見る
0421A_0556.jpg


塔から街の東側
0421A_0561.jpg


塔から街の東側、ガウディ公園が見える
0421A_0562.jpg



0421A_0563.jpg


狭い階段が450段ちかく続いている
0421A_0564.jpg


主任彫刻家:外尾悦郎さん作のフルーツ群
0421A_0573.jpg


オウム貝のような螺旋階段
0421A_0593.jpg


樹木を模した列柱と美しい天井
0421A_0036.jpg


まるでナウシカが落ちた腐海の底のよう
0421A_0530.jpg


生誕の門を内側から眺める
0421A_0038.jpg


聖堂中央から祭壇
0421A_0536.jpg


荘厳というより幻想的な空間
0421A_0549.jpg


祭壇に向かって右(東)サイドには青〜緑系のステンドグラスが
0421A_0026.jpg



0421A_0028.jpg


祭壇に向かって左(西)サイドには赤〜黄系のステンドグラスが
0421A_0030.jpg


主祭壇のイエス像
0421A_0033.jpg


受難の門の内側、マリア像
0421A_0041.jpg


附属小学校の素朴な教室
0421A_0055.jpg


10-03月 09:00-18:00
04-09月 09:00-20:00

※管理人調べですので、ご確認ください。






にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
↑ クリックで応援お願いします!
観光名所 アシャンプラ地区 | Comments(-) | Trackbacks(-)